三原市・竹原市を中心にお墓のお仕事をさせていただいております、安芸石材の倉橋です。竹原市の企業様構内にて、モニュメント台座のクリーニング工事をさせていただきましたので、その様子をご紹介いたします。

 

【竹原市企業様構内 モニュメントの台座のクリーニング】

 

以前お仕事でご縁をいただいたお客様からお声かけをいただいて、竹原市のある企業様より、モニュメントの台座のクリーニングのご相談をいただきました。企業様の構内にあるというモニュメントを確認しに、早速現地へ向かいました。

 

こちらがご相談のモニュメントです。白いモニュメントの下の台座は、黒御影石で作られています。

 

よく見ると、台座天面の表面は白っぽくなり、うっすら茶色がかっています。

 

汚れの原因としては、建てられてから長い年月の間に溜まった水垢や、モニュメントの施工に使用されたセメントから出たエフロ(エフロレッセンス:セメントのアクのようなものです)などが考えられました。こうした汚れはお墓の場合にも見られるもので、この状態では水拭きなどの一般的なお掃除ではきれいにすることができません。

 

側面です。天面ほどではありませんが、こちらも汚れで白っぽくなっています。

ここまでの汚れは、専用のクリーナー液を使用して汚れを落とす必要があります。台座の一部分でテストをして見ていただき、「このくらいきれいになりますよ」とご説明すると、クリーニングをご依頼いただくことができました。

 

モニュメントをシートで養生して工事開始です。まずは専用のクリーナー液で表面の汚れを浮かせて、ある程度除去します。

 

クリーナー液で汚れを落としたあとは、専用の道具で研磨作業を行います。

 

通常の墓石製作の際に、最後にツヤを出す工程とほぼ同じ作業です。チョーク様のもので網目模様を描き、磨き残しがないように隅々まで丁寧に研磨するやり方も墓石の場合と同じです。

 

汚れ落とし、研磨が完了した天面です。白っぽくなっていた表面にもずいぶんツヤが戻り、周りの標識を映せるほどになりました^^

 

他の面もすべて同様に作業を行い、クリーニング作業が完了しました。

 

側面です。ここも同じ方法で、可能な限り汚れを落としてきれいにしました。

 

建てられてから年月が経っていますので、日に焼けて色が褪せるなど、石そのものの経年による劣化はどうしても避けられません。そのため、汚れを落として研磨を行っても、残念ながら元のような色合いやツヤに完全に戻すことはできませんが、現状でできる限り汚れを落としてきれいにすることはお客様にもお伝えしています。

 

養生シートを外し、きれいになった台座です。 企業の担当者様にも大変喜んでいただけました。今回は、ご縁のあったお客様からお声かけいただいたことで、企業様より施工をお任せいただくことができました。お世話になった企業のご担当者様、お声かけくださったお客様に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

弊社では、長年のお墓仕事で培った技術やノウハウを駆使して、お墓以外のこうした施工もしっかりと丁寧に取り組んでおります。どうぞ安心してお任せください! また、「こんなことを頼めるかな?」という場合も、お気軽にお尋ねいただければ幸いです。

竹原市内でのお墓工事に関する記事

●香川県産庵治石(細目)のお墓を建立。お父様が建てられたお墓と同じ最高級の石を使用。竹原市地域墓地にて
●曲線がきれいな黒御影石のデサイン墓石を建立。機能や安全性も高い観音扉式の納骨室、竹原市内の霊苑にて
●竹原市忠海東町瀬戸内メモリアルパークにて、青みの美しい愛媛県産大島石のお墓を建立。1尺和型上蓮華5重台丸座布団付き、豪華で華やかな作り
●竹原市のお寺様墓地にて、青みのある色合いが美しい、福岡県産内垣石のお墓を新設。急な石段も安全に搬入
●竹原市忠海東町の瀬戸内メモリアルパークにて、9寸4重台剣出し座布団付きのお墓を新設。濃い色合いの高級感ある仕上がり
●しっかりとした耐震施工でお墓を新設しました。上質な愛媛県産大島石、竹原市福田町の地域墓地にて