三原市、竹原市を中心にお墓のお仕事をさせていただいております安芸石材の倉橋です。これからこちらのブログで、当店でのお墓の工事の様子をご紹介したり、情報を発信したりして参りますので、よろしくお願いします!
今回はお墓の工事の様子のご紹介です。竹原市忠海東町瀬戸内メモリアルパークにて、お墓の建立をいたしましたので、その様子をご紹介します。

 

【完成したお墓です】

 

こちらのお客様は、知人からの紹介でご相談いただきました。墓地を探しておられて、お住まいの近くにあり、フラットで段差がなくお参りのしやすい瀬戸内メモリアルパークを気に入られたそうです。

まずは現地で墓地を確認したあと、当店の展示場でお墓をご覧いただきました。石の種類やお墓の形などを色々と見られて、その中からご希望に近いものを選んでいく形でお墓の完成イメージが固まっていきました。石種については、変色しにくい石がいいということでした。

(瀬戸内メモリアルパークについてはこちらをご覧ください→「瀬戸内メモリアルパーク」

 

工事が始まりました。まずは巻石を据え付けます。据え付けの前に、石が乗る部分を転圧して地固めをし、その上にコンクリートを打って石を並べていきます。その後、お墓の部分の基礎コンクリートが完成し、その上に台石を据え付けているところです。

 

カニクレーンで吊り上げて、大台(下台ともいいます)を据え付けています。しっかりと慎重に運びます。

 

大台を据え付けました。台の手前のコの字にあいている部分は、納骨するための入り口です。ここから納骨をします。

 

上台と角座布団を据え付けたところです。先ほどの納骨口の前にあるのは膳台で、いわゆるお供物台です。黒い部分は家紋を彫刻してある箇所に保護のゴムを貼っている状態です。お墓の向かって右側にあるのは墓誌台で、この上に墓誌を設置します。

 

完成です!

9寸4重台、剣出し座布団付きのお墓です。石は、中国の高級青御影石を使用しました。濃い目の色合いで高級感があり、落ち着いた印象です。

 

印のある上台の上部と角座布団の下の部分が、角を尖らせる「剣出し(けんだし)」加工です。より高級感があります。もちろん加工をしないタイプもお選びいただけます。

 

手前にあるのは線香立てと香炉です。真ん中がお線香を立てる部分で、左右が蝋燭立てです。こういった形は多く見られるものではありませんが、内部が分かれているので風も入りにくく、蝋燭の火も消えにくい構造です。

 

5色の玉砂利を敷いて仕上げました。明るく華やかになるので私がおすすめして、気に入っていただけました。手前の拝石には滑り止めをつけました。雨の日もすべりにくく安心なので、これもおすすめするようにしています。

お引渡しとご納骨も無事に終わり、お客様には「立派なお墓ができた」と喜ばれました。石の色やツヤもとても良く気に入っていただけて、お客様が思っていたより良心的な価格だったことも喜んでいただけました。立派なお墓が完成して気に入っていただけて、私もとてもうれしく思っております。何かお困りのことなどございましたら、どうぞお気軽にお声かけください。

完成したお墓をお客様に喜んでいただけるのが何よりうれしく、私の励みになります。今後もお客様に安心してお任せいただき喜んでいただけるよう、これまで通り責任をもって丁寧にご対応してまいります!