三原市・竹原市を中心にお墓のお仕事をさせていただいております、安芸石材の倉橋です。兵庫県西宮市の白水峡公園墓地にて、愛媛県産大島石の五輪塔のお墓を建てさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

兵庫県西宮市の白水峡公園墓地  五輪塔:愛媛県産大島石

 

兵庫県西宮市にお住まいのお客様からご相談をいただきました。西宮市の白水峡公園墓地に墓地をお持ちの方で、お父様が亡くなられたのでお墓を建てたいということでした。ご親類の方が当店のホームページをご覧になってお問い合わせくださいました。当店から墓地までは車で4時間近くかかる距離ですが、亡くなられたお父様が当店近辺のご出身というご縁もあり、「このあたりの石屋さんにお願いしたい」という強いご希望があって、わざわざ遠方の当店にお声かけいただいたようです。

お電話をいただいて、伺って打ち合わせをさせていただきました。お墓のご希望としては、「国産の石がいい」ということをおっしゃっていました。また、形は五輪塔タイプのお墓で、お墓の周りは真砂土で仕上げたものがよいということでした。

使用する石については、お父様のご出身地の近く、瀬戸内海周辺で採れる石ということで、愛媛県産の大島石と香川県産の庵治石をご提案して、大島石を採用していただきました。また、形については「こういった形にしたい」というご希望があったので、それに沿って寸法等を調整してご提案をしました。図面等は郵送で何度かやり取りをさせていただき、ご了承いただいて工事に入ります。

 

工事が始まりました。土を掘り下げたあと、転圧をかけて地固めをしています。

 

地固めのあと、お墓の巻き石部分の基礎と据え付けを行います。

 

巻き石を据え付けています。印はコーナーの部分をしっかりと留めるL字の耐震金具です。こちらの霊園では、霊園の指定で縁石から高さ30cmの巻き石を設置する必要があります。高さの低い巻き石であればこの金具はひとつでも十分なのですが、今回は30cmと高さのある巻き石なので、上下に2箇所取り付けました。接合部分すべて2箇所でしっかり留めています。

 

石製の納骨室です。この上に重量のあるお墓が乗る場所ですので、しっかりと厚みのある御影石を使用しています。見えなくなる部分ですが、大切なご遺骨を納める一番大切なところです。

 

納骨室の上に、大台を据え付けています。クレーンで吊り上げて慎重に据えていきます。その上にさらに上台、棹石・五輪塔の玉石や笠石などを据えていくと完成です。

 

完成しました!

 

愛媛県産の大島石で作られた五輪塔のお墓です。色味のきれいな状態の良い石でした。彫刻の文字はすべてお施主様のご指定をいただいて施工しました。五輪塔の手前の供物台やお花立ての部分は、関西型のお墓にならって設計しております。

 

お墓の周りはご希望の真砂土で仕上げました。拝石と階段の部分には滑り止めをつけています。当店では安全を考えて必ず施工するようにしております。

完成したお墓をご覧になったお客様には、「いいものができた」とお喜びいただけました。出来栄えに加えて、費用が良心的だったことも喜んでいただけたようです。

今回は、遠方でのお墓工事のお仕事でした。以前にも他県へお墓を引っ越しされる際にお手伝いをさせていただいたことはあります。今回は突然遠方のお客様からお電話をいただいたので、当初はびっくりしましたが、遠方にも関わらずお父様のご出身地の近くというご縁があってお声かけいただけたということで、誠心誠意お手伝いをさせていただきました。もちろんいつも全力投球でお墓作りに取り組む私ですが、今回はすべてにおいて気を遣い、粗相のないように気を配りました。今回のように、郵送やお電話・メールでのやり取りなど、遠方ならではの打ち合わせの進め方もご対応できますので、「遠いけれど大丈夫かな?」とご不安に思わず、安心してご相談いただければと思います。